2016年8月15日月曜日

Windows 10 Anniversary Update の問題

Windows 10 Anniversary Update で「タッチキーボードを表示」の設定が効かない問題と、スワイプ操作(ドラッグ操作)がうまくできない問題が確認されています。

●「タッチキーボードを表示」が効かない問題

該当する機能
・TouchMousePointerのジェスチャの「タッチキーボードを表示」の割り当て
・TouchZoomDesktopの「タッチキーボードを表示」の設定

解決方法
現時点の回避方法として、レジストリを編集する方法があります。
レジストリの編集を行う場合は十分な注意が必要です。

1.スタートボタンを押します。
2.「regedit」と入力して実行します。



3.以下の場所をを表示させます
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\TabletTip\1.7
4.「編集(E)」→「新規(N)」→「DWORD(32bit)値(D)」を選択します。
5.値の名前は「EnableDesktopModeAutoInvoke」
 値のデータは「1」
 にします。



6.Windowsを再起動します。

または、Windows 10 の以前のビルドにすると従来通りに動作させることができます。


●スワイプ操作(ドラッグ操作)ができない問題
該当する機能
・TouchZoomDesktopをONにしているときのタッチ操作

「タッチ to マウス モード」にして再起動すると大丈夫なことが確認されています。
ただし、「タッチ to タッチ モード」とは違い、マウス操作に変換されるので操作が違います。

解決方法
1.タスクバーのボタンを右クリックまたは長押しをして、TouchZoomDesktopの設定を開きます。



2.設定の「ピンチ」を選びます。
3.「タッチ to マウス モード」を選びます。
4.「OK」を押します。
5.Windowsを再起動します。




または、Windows 10 の以前のビルドにすると従来通りに動作させることができます。
今後のバージョンで修正して対応可能かどうかは現在調査中です。


2015年12月19日土曜日

[重要]サーバーから紹介が返ってきました

2016年1月10日以降、TouchZoomDesktopでエラーメッセージが出るようになります。
「サーバーから紹介が返ってきました」
というエラー


デジタル署名に署名日時が無かったことが原因です。
この問題はV0.0.2.5以降のバージョンで解決できます。
http://www.lovesummertrue.com/touchzoomdesktop/ja-jp/index.html

TouchMousePointerのV2のベータ版でも出る可能性あります。
これも最新のベータ版で解決できます。

2015年8月4日火曜日

デジタル署名



TouchMousePointerのV2のベータをしているところですが、V1のほうを更新しました。
アップロードしたらやっぱりWindows SmartScreenの警告が出て、いつまでもマルウェア扱いされるのにもう疲れ果て・・・V2からデジタル署名化をするつもりだったのですが、V1でもデジタル署名バージョンにしました。(V1.9.6.4より)

2015年7月29日水曜日

Windows 10 の縦画面でタスクバーのツールバーボタンを表示する方法

Windows10 では、画面を縦モードにすると、なぜかツールバー(デスクバンド)のボタンが見えない場所に行くように変更されてしまったようです。
左側に配置すると見えます。


タブレットモードをいったんOFFにします

余白を右クリックして、「タスクバーを固定する」をいったんOFFにします



グリップをドラッグして位置を調整します

2015年7月12日日曜日

V2ベータ版

TouchMousePointerをバージョン2にしようと作成中です。
Windows10対応や、デジタル署名と使用許諾書の表示で企業ユーザー様でも使っていただけるように検討中です。

設定画面


ストアアプリ上やスタート画面上でも操作できます
現時点では以下のページから自動返信メールでβ版をダウンロードできます。
http://www.lovesummertrue.com/download/ja-jp/

2015年5月24日日曜日

Windows 10 のタブレットモードとかユニバーサルアプリとかまとめてみた





Windows 10 Insider Preview build 10074, build 10122時点のものですが、タブレットモードとかユニバーサルアプリとか、今までと違うことがあるのでまとめてみました。


タブレットモードにするとみんな全画面になる





UIサイズ変更Zオーダータスクバータイトルバー

非タブレットモード

デスクトップアプリ
最大化デスクトップ向け
常時
ウィンドウデスクトップ向け
常時

ストアアプリ
フルスクリーンタッチ向けホバー/覆い被せ
最大化タッチ向け
常時
ウィンドウタッチ向け
常時

ユニバーサルアプリ?
最大化タッチ向け
常時
ウィンドウタッチ向け
常時

タブレットモード
デスクトップアプリ最大化デスクトップ向け×
○/他タスクなし常時

ストアアプリ
フルスクリーンタッチ向け×ホバー/覆い被せ
最大化タッチ向け×
○/他タスクなしホバー/覆い被せ
ユニバーサルアプリ?最大化タッチ向け×
○/他タスクなしホバー/サイズ変更
このように、なんと10パターンも想定しなくてはいけなさそうで、なにがなにやら。
TouchMousePointerとTouchZoomDesktopにおいては、どこで有効にしてどこに無効にしたらいいのか。いまのところフルスクリーンと最大化のタッチ向けUIのときには自動的に無効にするようにしています。
スクリーンショットにすると以下のような感じ。

 デスクトップアプリの場合。
タブレットモードOFF、最大化。
見慣れた感じ。

タブレットモードOFF、ウィンドウ。
これも見慣れた。

タブレットモードON、最大化(いつでも)。
サイズ変更できない
。タスクバーに他のタスクが表示されない。


ストアアプリの場合。

タブレットモードOFF、フルスクリーン。
Windows8/8.1では慣れた。
デスクトップより優先度が高いZオーダー。
マウスホバーで画面上部に覆いかぶさるようにタイトルが出る。


タブレットモードOFF、最大化。
フルスクリーンとは違い、タイトルバーとタスクバーが出ている。
デスクトップと同じ優先度のZオーダー。

タブレットモードOFF、ウィンドウ。
Windows8対応のストアアプリは、スナップ用のサイズになる。なんか変。
デスクトップと同じ優先度のZオーダー。

タブレットモードON、フルスクリーン。
タブレットモードOFF時と同じ。
デスクトップより優先度が高いZオーダー。
上部のバーもタブレットモードOFF時と同じ。


タブレットモードON、最大化。
サイズ変更できない。タイトルバーは無く、タスクバーはある。けど他のタスクは表示されない。
デスクトップと同じ優先度のZオーダー。
マウスホバーで覆いかぶさるタイトルバー。


ユニバーサルアプリ?の場合。
タブレットモードOFF、最大化。
ストアアプリとは違い、タイトルバーにはフルスクリーンにするボタンが無い。デスクトップと同じ優先度のZオーダー。


タブレットモードOFF、ウィンドウ。

タブレットモードON、最大化。
タスクバーに他のタスクは無い。
デスクトップと同じ優先度のZオーダー。

マウスホバーのタイトルバーは覆いかぶさらない。

2015年5月2日土曜日

Windows 10 Insider Preview

Windows 10 TP のアップデートにてこずって、何度やっても30%で停止していたのですが、build 10061でやっと更新に成功しました。
 と、そんなことをしているうちにWindows 10 Insider Preview build 10074になっているみたいで、まだこっちは確認していないです。

タッチキーボードの位置がタスクバーのツールバーではなく、ごく普通の通知領域に変更されてしまっていたので、「タスクバーを除外」オプションを追加しました。(TouchMousePointer V1.9.5.1)
スタートメニューのウィンドウ重なりの優先順位が高いところにあるようで、仕様確定するまで様子を見ていたのですが、そろそろ対策しないといけないかも・・・
なんか小さいアイコン一択で、押しにくくなった気がする
Windows標準の拡大鏡は、前回、前々回、前々々回のビルドからずっとおかしいままです。
このままではTouchZoomDesktopをどうしたらいいのかわからないのですが、10074で直っていることに期待。

2015/05/19 追記:
10074でなんとかなりそうなことがわかりました。近日中に対応版を出そうと思います。


2015/05/24 追記:
10074, 10122 限定としてTouchZoomDesktopの対応バージョンを作りました。